中学受験という大きな壁

中学受験という大きな壁

子供に早いうちから受験をさせたいと考える家庭は多くなりました。難関校に進学し将来東大、京大を目指すという人もいれば、大学附属の中学に進学し安定した道に進む人もいます。ですから中学受験とは人生の大きなターニングポイントであり非常に高い壁でもあります。自分の子供に中学受験をさせてあげたくても、小学生は遊び盛りの時期で無邪気な子も多く、受験勉強に対して気持ちが向かない子や人生の大きな選択であることがわからない子が多いです。そうしたとき受験用のテキストを買い与えるだけではなかなか興味が向きづらい傾向があります。

ですからまずは、勉強の楽しさを教えることが最優先され、勉強のコツといえるでしょう。そのためには勉強に寄り添いまずは一通り問題を解かせてみます。解けた子にはよくできたねと褒めてあげ、達成感を覚えさせることによって自然と自分から問題を解くようになります。しかし解けない子は、できないから楽しくないとそこで終わってしまいます。その時にそばについてあげなぜできなかったのか一緒に考えてあげてください。自ら考えさせることにより、なぜそうなるのか、という探求心を伸ばしてあげ、できた時には褒めて達成感を覚えさせてください。自然と勉強の楽しさを覚えてくれることでしょう。

しかし、実際には難しいところもあります。これらを継続して行うことが大事ですが、なかなか一緒にいる時間の取れない親が多いと思います。そういったとき、塾や家庭教師に頼むのも一つの手です。塾では集団で授業を受けることにより競争心をもつようになるため、自分から意欲的になることも多いです。

また先生による手厚いサポートが一番の魅力です。また塾の集団の授業についていけない子や塾との時間に合わない子には家庭教師という方法もあります。1対1なので教えられる時間も長くなるため、塾とはまた違った良さでもあります。そしてなにより、彼らは教育のプロであり、教師自らが以前受験勉強を行ってきたという人が多いです。教師たちに教科ごとの細かなアドバイス、勉強のコツ等を学ぶことができます。現在悩んでいる方はこれを機に塾や家庭教師を利用してみてはいかがでしょうか。

お知らせ